臨床開発職の特色と転職

メディサーチの転職

自分のやりたい仕事をするために

臨床開発のアウトソーシングが進む中、転職者に求めるスペックはリーダーシップ力とその企業の得意とする専門領域知識が強く求められます。また外資系企業を中心にグローバルスタディーが臨床開発の中心となり、英語力は必須となっています。各企業は自社の開発状況により転職者に求めるスペックは微妙に異なります。

メディサーチのコンサルタントは全員製薬企業出身者です。また数多くの臨床開発職の転職実績があることから、各製薬企業の臨床開発職の職場環境や仕事内容等を掌握しており、転職者自身ではなかなか入手できない情報をご提供いたします。


臨床開発職の皆様、メディサーチで転職サポートを受けてみてはいかがでしょうか?
ご自身で入手する以上に有益な情報のご提供と高い転職合格率を保証いたします。

優先順位の判断はついていますか?

転職のプライオリティーは皆さんそれぞれ違うはずです。これら転職希望者が求めるプライオリティーに対してメディサーチでは以下の最新情報を迅速に提供し、間違いない企業選びをお手伝いいたします。
- - -    - - -   - - -   - - -   - - -   - - -  
1. 開発パイプラインの豊富な企業へ転職したい
2. 職務の専門性を極めたい 臨床開発全般に携わりたい
3. 年収アップをしたい
4. ポジションアップ・職種変更

メディサーチが選ばれる理由

各企業の情報(開発状況、待遇、組織、企業文化、選考基準等)をより詳細に、しかも豊富に持っているメディサーチの5つのメリットをご紹介。
- - -    - - -   - - -   - - -   - - -   - - -  
1. コンサルタントが全員製薬企業出身者なので、転職指導が的確です。
2. 幅広い人脈から(現職臨床開発職等)得た業界情報、企業情報が新鮮でより現実的です。
3. 採用企業とのコンタクトが強いでの、情報が早く的確です。
4. 採用条件等に関する交渉も粘り強く行い、成果を上げています。
5. 面接トレーニングは、「本番の面接官より厳しい!」と評判になる程、熱心に行います。